MIKIKONAGATAKE.com

MIKIKO
NAGATAKE

OFFICIAL WEBSITE

SCROLL

ABOUT

永武幹子について

千葉県船橋市に生まれる。
5歳よりクラシックピアノを始め、ヤマハ音楽教室で寄島清美氏に師事、
演奏技術だけでなく、即興演奏や作曲の基礎を学ぶ。
中学時代は法田中学校ブラスバンド部に所属し、トランペットを担当。

早稲田大学法学部入学後、同大学モダンジャズ研究会、ハイソサエティオーケストラに入り、ジャズに目覚める。
大学0Gのジャズピアニスト清水くるみ氏に師事。その間、さまざまなセッションに加わる。
大学卒業と同時にプロになることを決意し、ジャズピアニストとして演奏に専念。

現在は、増尾好秋(guitar)MAGATAMA、酒井俊(vocal)グループ、
守谷美由貴(a.sax&s.sax)ベースレストリオなどに参加する他、
自身のピアノトリオ”J.J.Soul”や加納奈実(a.sax&s.sax)とのDuoユニット”Jabuticaba”をメインに、
東京都内のジャズクラブやライブハウスを中心に活動している。

千葉県船橋市に生まれる。
5歳よりクラシックピアノを始め、ヤマハ音楽教室で寄島清美氏に師事。即興演奏や作曲を学ぶ。
中学時代は法田中学校ブラスバンド部
に所属し、トランペットを担当。

早稲田大学法学部入学後、同大学モダンジャズ研究会、ハイソサエティオーケストラに入り、ジャズに目覚める。
ジャズピアノを清水くるみ氏に師事。

現在は増尾好秋(guitar)MAGATAMA、酒井俊(vocal)グループ、守谷美由貴(a.sax)ベースレストリオに参加する他、自身のバンド"J.J.Soul"や加納奈実(a.sax)とのDuoユニット
Jabuticaba"をメインに、都内ライヴハウスを中心に活動する。

Mikiko Nagatake was born in Funabashi-City, Chiba Prefecture.
She began classical piano from the age of 5, studying piano,
improvisation and composition with Ms. Kiyomi Yorishima at Yamaha Music School.
While attending Hohda Junior High School Nagatake even joined the brass band, playing trumpet.

Upon entering the Faculty of Law at Waseda University Nagatake joined the Modern Jazz Club and the High Society Orchestra.
Fascinated with jazz music, she threw herself into jazz piano, studying with Waseda University graduate,
Ms. Kurumi Shimizu and participating in sessions.
Since graduating from Waseda Nagatake has become an in demand pianist,
playing with a variety of artists as well as leading her own groups.

Besides joining guitarist Yoshiaki Masuo’s MAGATAMA, Shun Sakai’s vocal group,
saxophonist Miyuki Moriya’s bassless trio and others,
she leads her own piano trio “J. J. Soul,” and co-leads duo unit “Jabuticaba” with Nami Kano (a.sax & s.sax).
Nagatake performs regularly at jazz bars and live houses in and around Tokyo.

WORKS

最新の参加作品

むかしむかし

「むかしむかし」
“MUKASHI MUKASHI”

COUME MUSIC

2019/12/4

¥2,500(税抜)

Altosax,Sopranosax

守谷美由貴

Miyuki Moriya

Piano

永武幹子

Mikiko Nagatake

Drums

今泉総之輔

Sohnosuke Imaizumi

往年の山下洋輔トリオを彷彿とさせる狂気とノスタルジーのベースレストリオ!
日本のジャズを敬愛するサックスプレイヤー守谷美由貴が、今最も注目されている若手ピアニスト永武幹子と、quasimodeやスガダイロートリオなどでも活躍するドラマー今泉総之輔と共に、楽曲に定評がある守谷のオリジナル曲の他、往年の山下洋輔トリオの代表曲ともいえるミナのセカンドテーマやキアズマ、そして黒澤映画の名作「用心棒」のテーマソングなどをベースレスサックストリオで録音したまさに和ジャズ回帰の真骨頂ともいえる作品。